川崎市宮前区
稲毛薬師

威徳山影向寺

ホーム

当山縁起

天台宗

境内ご案内

年中行事

稲毛七薬師

影向寺だより

たちばなの
散歩道


影向寺霊園

地図と交通

ホーム境内ご案内安置堂>木造薬師如来両脇侍像

境内ご案内 安置堂 二天像・十二神将立像

木造二天像


二天像 平安時代後期

両像とも一木造で彫眼とし、表面の彩色や台座、光背はあとから補ったものです。神将形の像を二体一組で二天として祀る例は奈良時代からみられ、左右相称で、片手を上げもう一方の手を腰に当てる形が多いです。本像は口の開閉、踏み上げる足、腰の捻る向きなど形姿がきちんと対になるように造られており、当初から二天として製作されたと考えられます 。

二天像

木造十二神将立像


南北朝時代

十二神将立像各像ともヒノキ材で造られ、当初は胡粉下地の彩色であったとされています。十二神将は薬師如来の脊属とされ、各々名称が定められています。また中世になると、各神将と十二支を組み合わせるようになっていきますが、それは必ずしも一定したものにはなりませんでした。

十二神将立像
<<前へ


サイトのご利用について


影向寺寺務所
〒216-0001
神奈川県川崎市宮前区野川419
電話 044-766-7932
FAX  044-788‐2773

COPYRIGHT(C)2009 稲毛薬師威徳山影向寺 All Rights Reserved.